車が趣味は、はまりすぎ?

車が趣味っていう人がいますが、はまりすぎでしょう。頭のなかは毎日車のことでいっぱいです。もはや、私がインターネットのささいな銭儲けにはまっているのと同じかもしれません。

機械は奥深い分答えが出てこないから、やればやるほど次々と課題が出てきます。そのため、とかくはまってしまいます。

車が趣味の人にとってボンネットを開けることは、私がPCの電源をオンにするのと似たようなものでしょう。ただ、彼らは車好きみたいですが。私はPCはできたら遠慮したいと思っています。何か他に稼ぎになることががあったら、撤収予定をしています。

そして車は稼げるということです。単価を考えたらよくわかるように新車で100万円~300万円ぐらいします。パソコンは光ファイバーに同時加入すれば、0円から手に入るし、高くても25万円ぐらいだからお金が動かないから稼げない分野です。

車の買い替え検討につて

長年乗ってきた軽自動車がそろそろ10年が経過するにあたり、車の買い替えを検討しています。
車を売る前にネットで一括査定してもらい、なるべく高いお金で売った後、それを新車購入の足しにしたいと考えています。

それほど車に対して興味や強い思い入れはなく、燃費や維持費、取得費のことを考えて今までも車を選んできました。

今回も同様な条件で考えているのですが、一昨年に子供が産まれチャイルドシートを設置していたり、出かける際の荷物が多く現在は後方座席が完全に埋まってしまっていて、今後家族が増える可能性も考え、軽自動車より少し大きめの車をできれば新車で購入することを考えています。

その条件から現在はホンダのフィットとトヨタのプリウスが候補ですが、メーカー的にはトヨタの車を保持してみたいという思いがあります。ただ、車体のデザインやカラーバリエーションが自分の好みと合わないため、第一候補はホンダのフィットで考えています。

デザインやカラーバリエーションも自分好みであり、ホンダという会社にも良いイメージを持っておりおそらくフィットを購入することとなるとは思いますが、他の車も含め引き続き検討していきたいと思います。

車の替え時が価値観の変え時

車を買い替えるというのは、一大イベントです。特に夫婦二人に子供ができて三人になる、というときには、車の買い替えは特別な意味を持ちます。

ある男性は外国産のおしゃれな小型車が好きで、独身時代からずっとミニクーパーを愛用していました。結婚してから一度同じ車に買い替えるほどのお気に入りっぷりでした。

結婚して2年目に子供ができ、出産準備を始める段になって、奥さんにこう言われました。
「あの車ともお別れになるね。チャイルドシートのことを考えて、国産のファミリーカーに買い替えましょう。」

男性は大きなショックを受けましたが、子供のためを思えば仕方のないことです。泣く泣くミニクーパーを手放し、奥さんにいわれるがまま国産のステップワゴンを購入しました。

しかしどうしてもおしゃれな外国車への熱望を抑えられなかった彼は、奥さんに相談することなしにミニクーパーの購入を進めてしまったのです。入金も終わりあとは納車を待つだけ、というところで奥さんに告白しますが、当然奥さんはぶち切れ。あわや離婚の大騒動となってしまいました。

車好きの男性にとって、家族が増える時の車の買い替えは、これまでの価値観を大きく変えなければならない時であるということを忘れてはいけませんね。

車の買い替えはオートバックス

最近はオートバックスでも車の買い取りや、新車の販売もやっています。
スズキのディーラーで、0円で査定された車を12万円と査定してくれました。
また、新車購入の際にはひとつのメーカーにこだわらず、それぞれのメーカーの長所や短所を教えてくれます。

そして、こちらの希望に沿った車について説明してくれます。担当者は車に詳しいのですが、わからないことはすぐにメーカーに問合わせてくれるので安心です。もちろん、購入時の諸手続きもディーラーと同じようにやってくれます。

また、カーナビやドライブレコーダーの購入も特別に安くしてくれました。
購入後は点検などのハガキや電話での連絡も来ますし、サービスもちゃんとしてくれますが、ディーラーと違うところは椅子に座ってコーヒーが頂けないところです。そして、点検待ちの時に、無駄なものを買ってしまわないように気をつけましょう。

そして、車体以外の購入額にはポイントがつくので、ちょっとだけ得した気分になれます。

昔ヴィヴィオRX-RAを新車で購入しました。

古い車の話ですが、ヴィヴィオにはRX-RAというラリー仕様車がありました。

当時ヴィヴィオは人気の車種で、新車を買うとなると2カ月ほど待ったり、色によってはもう少し時間がかかったりしていました。新車で買うんだから一番いいRX-Rを買おうと思ったのですが、納車に3カ月かかると言われてすぐにでも欲しかったので検討していたところ、RX-RAというグレードならすぐにでも手配できるとのことでお願いすることにしました。

RX-RAはラリーに必要なアンダーカバー、クロスシフトとLSDを標準で装備して、もちろんスーパーチャージャー、フルタイム4WDと走りに関しては、軽自動車の枠を超えていました。

ただ、乗用という考えで買うと、パワーウインドウは無いし、エアコンもカーステもありません。

さすがにそれでは日常での使用が辛くなるので、価格は上がりますが、エアコンとカーステを後付けにして、日常でも不便のない状態で購入しました。サスペンションもラリー用でそれ以外なにもしなくていい状態でレースに出たりして、思い出深い車です。

山口県の危険な高速道路の実状

少し前、山口県にある高速道路でタレントを乗せたワゴンが事故を起こしました。わりと知られたタレントでまだ若かったから驚きました。

熊本にあるショッピングセンターでのイベントで移動していたわけですが、5人を乗せたワゴンは山口県の地元民なら知っている危険な高速道路を走っていたそうです。事故のあった地点では、毎年4~5回ぐらい事故が起きているところで、とくに危険なところのようでした。また天候が雨で路面が濡れているときでした。

その高速道路は右へ左へとゆるやかなカーブがいくつも連なっていて、ストレートには走れなくなっています。それは眠気防止のために、わざとそういうふうにしてあるそうです。それがかえって視界をさえぎる要因になっていて、前方が見えづらくなっています。

事故が起きたのも右カーブのところで矢印も出ていますが、後方から見たら向こうが見えにくくなっています。

中古車の廃車買取りの見積りをした時

中古車の廃車買取りの見積りをした時、インターネットで簡単にできるということを
ネットで検索して知りました。

実は自分の車が動かなくなり修理工場で見てもらったら、エンジンを交換しないと乗れないと言われました。
ちょうど乗り続けて5年余り。 車もこの間に何度も部品交換をして乗り続け、購入価格を上回る修理代に悩んでいたので、この際、廃車にして買い取ってもらおうとインターネットで申し込みをしました。

まず車検証を準備して、車の車種や年式を入力。
そのあとは説明に従って、空白欄に必要な数字や文字を入力するだけの簡単さ。
入力した後に再確認を行い、実行すると完了。

その後、電話にて見積もり金額やどういう書類が必要かを
電話口で教えてもらいました。 

実際にやってみると、意外と簡単だし入力してから
電話で見積結果を聞くまで1時間ぐらいでした。